• ホーム
  • ホーム
  • グランドメニュー
  • 宴会コース
  • アクセス
  • ブログ
  • おすすめメニュー
  • English
  • instagram
  • twitter
  • facebook
新海の料理

新海ブログ | 大船の居酒屋・刺身・和食は 新海へ | 鎌倉市大船駅すぐ 刺身・居酒屋

新海ブログ

  • 高校の同級生、和弘(パンチ佐藤の名前で知られている)が来店。
    コロナ禍になってから、頻繁に店に来て、周りの席の方々と気さくな会話、写真の依頼にも快く応じ「新海を宣伝してね」と、プライベートで来ているのに、笑顔でアピールしてくれる。

    しかも、本人のFacebookに「応援のつもりが、、、逆に、毎回、新海に励まされて帰宅する。美味い酒だったな~」とアップしてくれる。
    同級生のときから変わらない性格なのだ。
    和弘自身も大変だろうに、、と思いつつ、俺の気持ちが下向きの時が、まだあることが悩ましい。

    店の周辺に人が歩いていない現状や、仕入れの半分以下の売上げなど、心が折れる。
    もう、こんなときにも、和弘や、たくさんのお客様に応援してもらったことを一瞬たりとも、忘れたくないのだ。
    そう思っても折れてしまうようでは、まだ駄目だ。

    これからは完璧に気持ちをあげていく。
    先日は、たくさんの方々がご来店してくれた。
    応援してくれる方々もいる。

    「恩返しだ!」

  • おひとりでご来店の男性は、カウンターに座り、ずっと無口で、人を寄せつけない雰囲気で飲まれていた。
    「今日は暑いですね~」と、やや緊張気味に声をかけてみたところ、にっこり笑い「整体師さんから、ここのお店は美味しいよと紹介され、整体の帰りに直行で来た」との事だった。

    話は続き、「昔はゴルフをしたけど、いくらやっても上手くならないからやめた」「卓球もやってみたけど、録画した自分のスイングが情け無いからやめた」「フィリピンには行った事ないけど、フィリピンの歌が大好きだから、フィリピンパブ通いは続けている」など、たわいも無い話しをした。
    話の相槌のように、日本酒のオーダーをいただいた。
    帰り際、フィリピンの歌を口ずさみながら、「気持ちのいい店だ」とつぶやいてくれた。

    後ろ姿を見送りながら、ふと思ったのだ。
    この人は、自分の嫌なことをしないで、納得できる好きなことを続けてきたのだと。
    あれだけ飲んだのに楽しそうでいられることは、嫌なことをしなければ好きなことしか残らないシンプルな経験の年月だと思えた。

  • 10歳と15歳の息子がいるパパと、パパのお母さんが久しぶりに2人で飲みに来てくれた。
    その2人と知り合って30年くらいになる。

    「子供が反抗期で、口を聞いてくれない」と日常のコミュニケーションを寂しがっていた。
    ネットで反抗期を検索すると、子供から大人へと成長する過程で誰もが通るものとされ、反抗期は2回あるとの説明もあった。

    自分は男ばかりの4人兄弟、反抗期なんてものは、誰にもなかったことに気づく。
    共働きで自由がない仕事だった親なので、ほっとかれたことが反抗期につながらないでいたのだろうかと自己分析に落ち着くが、反抗期の終わる年齢を知りたくなり、店のスタッフに「反抗期はいつ終わったの?」と尋ねると、「今でもパパ嫌いです」と返事が、予想外の返事に爆笑した。
    「お2人さん、反抗期はいつか終わるみたいだよ」と言ってはみたが、、2人も無言のまま。。。

    今日もいい天気だ!
    元気に営業しよう。

  • 梅雨開けした日、店先でセミの声を聞く。
    「ミーンミーンミーンと鳴くのでミンミンゼミ」と、つぶやいたら、通りすがりの人が、「へえ~セミの種類が鳴き声でわかるの?」と。
    「わかりますよ。アブラゼミはジリジリジリジリ。ツクツクほうしはジ〜ツクツクホーシツクツクホーシ。アブラゼミはツクツクジ〜。クマゼミはジーシャンシャンシャン。ひぐらしはカナカナカナ。」と説明すると拍手された。

    ほんの数分間なのに、外は猛暑で汗だくとなった。
    キンキンの冷え冷え・生ビールが頭に浮かんだ。
    今が旬の枝豆も思い浮かぶ。

    「15:00~営業していますよ。ウイルス対策も万全ですよ~。生ビール冷えていますよ~、いいネタも入荷していますよ~」と、セミの鳴き声と同じリズムで呼び込みをしながら、今日も営業を開始した。

  • 56年目の誕生日。
    たくさんの方々に、お祝いをしてもらった。
    ありがとうございます。
    祝ってもらえたことに感動しています。

    そして決めました。
    生涯現役で店を続けること。

    コロナ禍で、弱い自分を知ったばかり、誕生日を祝ってもらい、これまでにも応援してくれた方々、おいしいと言ってくれる方々、また来るよといってくれる方々、これから出会う方々のためにも、恩を返したい。
    つい先日までは、店を潰さないことを決意したが、誕生日に生涯現役を追加する。

    好きな言葉に「報恩謝徳」がある。
    誕生日の決意は、この言葉とともに貫こうと思う。

人気記事