• ホーム
  • ホーム
  • グランドメニュー
  • 宴会コース
  • アクセス
  • ブログ
  • おすすめメニュー
  • English
  • instagram
  • twitter
  • facebook
新海の料理

新海ブログ | 大船の居酒屋・刺身・和食は 新海へ | 鎌倉市大船駅すぐ 刺身・居酒屋

2020年05月の記事

  • たぐち脳神経クリニックに、お弁当とプリンを何度も配達させてもらった。
    最近の配達では、プリンをブリュレにするパフォーマンスをして渡した。
    その場で甘い香りが広がると、わぁ~と歓声があがり、スタッフの皆さまに喜んでもらえた。

    配達のきっかけは、病院に勤務している理学療法士の野地先生からの申し出だった。
    彼は中学時代のいつもニコニコしていた同級生で、その笑顔は、病院でも患者さんに親しまれている。

    配達時には、毎回、スタッフの皆さまが歓迎して出迎えてくれる。
    この病院はすばらしい!
    明るくて、やりがいをもって働く有能なスタッフさんが集まっている。
    配達さえも歓迎してくれるのだから本物だと感じる。
    患者さんが元気になっていく姿を遠目ながらに見ることもできた。
    やっぱり、スタッフの皆さまがすばらしいんだ!

    何か喜んでもらいたいと、浮かんだことがプリンをブリュレにすることだった。
    野地先生をはじめスタッフの皆さま、続けてお弁当を召し上がっていただきました事、誠にありがとうございます!

  • 今日は最も熱い男のために「パンチ弁当」を用意した。

    彼の名前は、佐藤和弘くん(高校の同級生でクラスメート)、彼はプロ野球選手になり「パンチ佐藤」と呼ばれるようになった。
    オリックスのドラフト1位指名として、彼の名が呼ばれたとき、ワクワクしたし、とっても誇らしく、自分のことのように喜んだ。

    彼は高校生の頃から、曲がったことが大嫌いで、素直、誠実で熱い。
    一生懸命なやつには全力で応援するような性格。
    それは今でも変わることがなく、「自分が迷惑にならないか」などとも、心配しながら応援してくれる謙虚さも持ち合わせている。
    本当にありがとう、嬉しいぜ。

    俺の奥さんから「和弘さんと会った日は、いつも喜んでいるみたいね」と言われたことがある。
    その喜びは、和弘くんの生き方を、高校生の頃から尊敬している事なんだと理解した一言だった。

    「パンチ弁当」ご本人の食べた感想はこちら
    パンチ佐藤のオフィシャルサイトへ(facebookはこちら)

    パンチ佐藤とパンチ弁当

    パンチ佐藤と一緒に

  • 5月29日(金)から営業スタートいたします!

    営業時間:15時~22時(LO:21時30分)
    年中無休

    感染予防対策を行い、お客様と従業員の健康と安全並びに、公衆衛生の配慮に努めて参ります。
    皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

     

  • 独立して店を開業したのは11年前。はじめに悩んだのは宣伝方法だった。
    そんなときに、ティッシュを配ろうと声をかけてきて、ティッシュに差し込むチラシのデザインを自ら準備し、大船駅前で一緒に配ってくれた吉本さんは、開業時からの常連さんだ。

    当時から、吉本さんの口癖は「困った時はお互い様~アリス行くぞ!」
    アリス(フォークグループ)の大ファンなのだ。
    11年も聞いている口癖は、あいさつと類似の感覚になっている。

    店のマスクが不足したとき、マスクを1箱も譲ってくれた。
    居酒屋から、お弁当販売に変更している今は、毎日、お弁当を食べてくれている。
    しかも、仕事があるときは、明日は買いに来られないと予定を伝えてくれたりする。

    振り返ると、俺はドラえもんに助けられている「のび太」のようだ。
    そのドラえもんを、本当にカッコいい人だと11年後にはじめて思えたよ。
    失礼、吉本さん!

  • 「新海くん、こんな所で何してるの?」
    何年ぶりの再会だろう。先輩の姉ちゃんだった。
    姉さんと言っても貫禄のある年齢です(笑)

    「居酒屋から弁当屋になった(冗談で)、
    2時までに完売するまで頑張ってます」と説明。
    先輩の姉ちゃんが、お弁当類を見ながら

    「ふぅ~ん、じゃあ、お弁当2個ちょうだい、
    あれ、この隣の箱は何?」
    「プリン20個です」と説明。すると、、
    「ぜんぶ買うわ」
    「何でそんなに優しくしてくれるんですか」と姉ちゃんに質問。
    「新海くんの人柄が良いから人徳だよ」と、、

    言葉にならない気持ちのまま、ありがとうございます!を言い忘れ、
    お弁当と大量のプリンを抱えた姉ちゃんの後ろ姿を見送った。
    声を出したら泣くだろうと、寸前でお礼が言えなかった。
    後で先輩に電話をしてお礼を伝えてもらおう。

人気記事